抗VEGF薬硝子体注射

対象となる病気の概略説明

糖尿病黄斑浮腫、網膜静脈分枝閉塞症、網膜中心静脈閉塞症、滲出型加齢黄斑変性症、近視性脈絡膜新生血管に対して抗VEGF薬であるルセンティス、アイリーアの硝子体注射を施行しております。

当院での治療法について

抗VEGF薬とはヒトのVEGF(vascular血管のendothelial 内皮細胞のgrowth増殖の factor因子)を標的とするお薬です。抗VEGF薬を硝子体内(眼内)に注射することで脈絡膜新生血管の退縮や黄斑浮腫の軽減を図ります。注射は複数回必要となります。保険適応のある治療ですが経済的負担の大きい治療であり投与回数の決定や再投与については全身状態、病態などを考慮して判断いたします。