お子様の眼の健康

お子様の眼の健康に関するお困りごとや気になることはありませんか

経験豊富な眼科専門医による小児眼科診療を常時行なっております。

お子様の眼の健康に関するお困りごとや気になることがありましたら、どうぞお気軽にご来院ください。

お子様の眼の健康

当院では0歳児から対応させて頂いております。

眼科を受診するのに、年齢が低すぎるということはありません。

首を傾ける、目つきが気になる、まぶしがるなどのささいな症状に眼の病気が隠れていることがあります。

お気軽にご相談ください。

小児の検査について

赤ちゃんの視覚は未発達であり成長とともに色々な物を見ることで視覚が育ち、6歳までに大人と同等の視力に達します。赤ちゃんの頃にしっかり見ることが妨げられると、視覚が発達しません。大人と子供では視力検査の方法が異なります。大人の視力検査では、ランドルト環がたくさん並べてある視力検査表を用いるのに対し、3歳以下の子供の視力検査では、視標が描かれたうさぎのカードや絵指標を使用して検査を行います。3歳を過ぎた頃から字一つのランドルト環を用いた方法で輪の切れ目を答えてもらう視力検査ができます。子どもは集中力が短いため、短時間で必要な検査を正確に行う必要があります。当院では普段から小児の視能検査を行い、お子様の扱いに慣れている視能訓練士が活躍しています。

視能訓練士(ORT)とは?

視能訓練士(ORT)とは昭和46年に制定された「視能訓練士法」に基づく国家資格をもつ眼科専門の医療技術者です。斜視や弱視の子どもに視機能に関する様々な検査を行います。また視機能を回復させるためのアイパッチ訓練指導なども行います。
当院では国家資格を持つ視能訓練士が3名在籍しております。(常勤2名、非常勤1名)