お子様の眼の健康

お子様の眼の健康に関するお困りごとや気になることはありませんか

経験豊富な眼科専門医による小児眼科診療を常時行なっております。

お子様の眼の健康に関するお困りごとや気になることがありましたら、どうぞお気軽にご来院ください。

お子様の眼の健康

当院では0歳児から対応させて頂いております。

眼科を受診するのに、年齢が低すぎるということはありません。

首を傾ける、目つきが気になる、まぶしがるなどのささいな症状に眼の病気が隠れていることがあります。

お気軽にご相談ください。

小児の検査について

赤ちゃんの視覚は未発達であり成長とともに色々な物を見ることで視覚が育ち、6歳までに大人と同等の視力に達します。赤ちゃんの頃にしっかり見ることが妨げられると、視覚が発達しません。大人と子供では視力検査の方法が異なります。大人の視力検査では、ランドルト環がたくさん並べてある視力検査表を用いるのに対し、3歳以下の子供の視力検査では、視標が描かれたうさぎのカードや絵指標を使用して検査を行います。3歳を過ぎた頃から字一つのランドルト環を用いた方法で輪の切れ目を答えてもらう視力検査ができます。子どもは集中力が短いため、短時間で必要な検査を正確に行う必要があります。当院では普段から小児の視能検査を行い、お子様の扱いに慣れている視能訓練士が活躍しています。

視能訓練士(ORT)とは?

視能訓練士(ORT)とは昭和46年に制定された「視能訓練士法」に基づく国家資格をもつ眼科専門の医療技術者です。斜視や弱視の子どもに視機能に関する様々な検査を行います。また視機能を回復させるためのアイパッチ訓練指導なども行います。
当院では国家資格を持つ視能訓練士が3名在籍しております。(常勤2名、非常勤1名)

当院の最新設備のご紹介

当院では最新の検査機器を導入しております。

近視進行予防のトレーニング機器 最新型ワック D7000 with Binocular Test

近視進行予防のトレーニング機器 最新型ワック D7000 with Binocular Test

当院では近視進行予防のトレーニング機器 最新型ワック D7000 with Binocular Test を導入しています。2017年4月に発売が開始されたばかりの最新型のワックでありデジタル風景シーンの自動切換機能付きです。ワックは目のピントを合わせる筋肉と明暗を調節する筋肉の緊張を和らげる器械で、仮性近視の改善を促します。またゲームやパソコン、スマホ等による近見作業で内寄せになった視線を正位へと促します。
最新型ワックD7000はさらに斜位や立体視のテストモードも加わり、さらに活躍の場が広がっています。近視トレーニングでは検査器の中の美しい風景を順に短時間眺めるだけで、遠くの風景を長時間眺めているのと同じだけの効果が期待できます。美しい立体風景が自動で切り替わるためお子様でも飽きることなくトレーニングを行うことが出来ます。また、光源の明暗による瞳孔反応によって眼精疲労の改善を促します。
次のような方に特にワックがおすすめです。
•視力が最近急に低下してきた小中学生の方
•学校検診で視力低下を指摘された方
•近業(読書、勉強、コンピューター作業、ゲーム)による眼精疲労を自覚されている方

弱視訓練用タブレット端末「オクルパッド®

弱視訓練用タブレット端末「オクルパッド®」

当院では弱視訓練用タブレット端末「オクルパッド®」を導入しています。
「オクルパッド®」とはアイパッチなどを使用せず、両眼開放下で弱視訓練ができる最新のタブレット型視機能訓練機です。アイパッチなどで片眼遮閉を行わないため極めて日常視に近い状態で訓練を行う事ができます。またゲーム性を取り入れた訓練により集中して楽しみながら訓練が出来ます。当院ではさまざまな原因での弱視のお子様に対して、「オクルパッド®」による治療を行っています。
 治療は、ご自分のメガネの上から医療用偏光メガネを装着し、弱視の眼だけを見える状態にして行います。お子様の訓練ストレスの軽減が期待でき従来の片眼遮閉よりも、視力改善効果が優位になることが報告されています。お気軽にご相談下さい。