設備・手術

白内障手術を受けられる方へ

白内障とは、水晶体が濁ることにより発症する病気です。水晶体は人間の眼の中にある組織で、外から入ってきた光を屈折し網膜に像を写す、カメラのレンズのような役割をしています。水晶体が白く濁ってくると光が網膜まで透過しにくくなってしまいピントが合いにくくなったり、まぶしさを感じたり、視力が下がってしまいます。白内障の多くは加齢によるもので、加齢性白内障といわれています。加齢性白内障は白内障患者の7割以上を占めますが、他にも外傷性、アトピー性皮膚炎、糖尿病など代謝性の病気、薬剤の副作用や放射線による白内障もあります。白内障は、現状薬で治す事ができません。白内障の治療は、この濁った水晶体を取り出し、新たに眼内レンズを挿入する方法が一般的となっています。現在、白内障になってしまった場合の根本的治療方法は、手術療法のみであり日常生活に支障がある場合は手術を行う必要があります。白内障の点眼薬は進行を抑制するためのものであり進行した白内障は手術をする以外の方法がありません。現在、白内障になってしまった場合の根本的治療方法は、手術療法のみであり日常生活に支障がある場合は手術を行う必要があります。白内障の点眼薬は進行を抑制するためのものであり進行した白内障は手術をする以外の方法がありません。

白内障手術とは、濁った水晶体を取り除き代わりに眼内レンズ(人工の水晶体)を挿入する手術です。

眼内レンズを通して光が網膜まで透過することにより患者様は、視力を取り戻し見える様になります。

手術の流れについて

手術が決まったら

白内障手術を行うことが決まった場合、手術前にいくつか検査が必要となります。
術前検査は予約制になります。

手術前診察・検査

術前検査では全身状態を確認する血液検査を行います。また使用する眼内レンズの度数を決める検査および角膜内皮細胞の数を調べる検査を行います。

手術

手術前日

手術3日前から感染予防のため抗生剤の点眼薬を点眼して頂きます。

手術当日

来院時可能な限り付き添いの方とご一緒に来院ください。手術後は眼帯をしますので歩きにくくなります。また運転は非常に危険です。手術日当日は車を運転しての来院はお避け下さい。
手術当日は昼食を控えてください。ただし、常用薬がある場合は服用する必要があるものもありますので、かならず事前に医師と相談してください。

手術後

手術後は、いつも通り食事して頂いて大丈夫です。ただし、飲酒はお控えください。入浴は、手術当日はできません。
術翌日からは首から下のみ入浴可能となります。
手術3日目より洗顔や洗髪が出来るようになります。

当院の最新設備のご紹介

当院では最新の検査機器を導入しております。

オプトス デイトナ(Optos®Daytona)超広角走査レーザー検眼鏡

オプトス デイトナ(Optos®Daytona)超広角走査レーザー検眼鏡

超広角走査レーザー検眼鏡
(Optos®Daytona)

最新の超広角眼底カメラであるオプトス デイトナを導入しております。従来の眼底カメラと比較し、非常に広範囲の眼底撮影が無散瞳にて可能になりました。1回の撮影で200度の広い範囲を撮影することができます。このため、従来機の検査機器では観察困難な眼底周辺部の微小な病変まで捉える事が可能です。また、撮影時間は0.4秒で、患者様の負担も大幅に軽減されます。

オートレフケラト/トノ/パキメータTONOREF® lll

オートレフケラト/トノ/パキメータTONOREF® lll

1台で4つの主要な測定機能(屈折、角膜曲率、眼圧、角膜厚)搭載しています。装置間の移動が必要ないためより短時間で測定することができます。

インテグラ プロスキャンレーザー光凝固装置(イエロー)

インテグラ プロスキャンレーザー光凝固装置(イエロー)

インテグラ プロスキャン レーザー光凝固装置は、わずか0.5秒の間に25発のレーザー照射を行うことができる最新の眼科レーザー装置です。コンピューター制御によるパターン照射により安定した治療経過が得られます。イエローのレーザー波長は黄斑のキサントフィルによる吸収が少ないためより安全に網膜光凝固を遂行することができます。また透過性が高いことにより安定した凝固斑を形成することができ、より低い出力で治療を行えるため患者様のストレスを大幅に軽減することができます。

眼軸長測定装置 OA-2000

眼軸長測定装置 OA-2000

眼の角膜表面から網膜までの長さ(眼軸長)を測定する最新の機器です。「フーリエドメイン」という新方式を採用することにより従来の機器では測定でなかった白内障の程度が強い方(成熟白内障、後嚢下白内障)でも測定することができます。

ウルトラQオフサルミックレーザー

ウルトラQオフサルミックレーザー

クイズ番組の名前のような機器ですがウルトラQオフサルミックレーザーは、最新の高性能ヤグレーザー治療です。主として水晶体嚢が混濁する後発白内障という病気を治療するのに使用します。正確なフォーカスと他に類を見ない低いエネルギーで安定して後発白内障を治療することができます。

スペキュラマイクロスコープ EM-4000

スペキュラマイクロスコープ EM-4000

スペキュラーマイクロスコープ EM-4000は最新のフルオート型角膜内皮細胞計測装置です。従来機器よりもより短時間で撮影・解析することができます。患者様の負担が少なく角膜内皮細胞撮影を行うことができます。

ハンフリーフィールドアナライザー3(840)

ハンフリーフィールドアナライザー3(840)

ハンフリーフィールドアナライザー3(HFA3)は、静的量的視野検査を行うための最新の視野検査機器です。緑内障の早期発見をすることができます。確実性の高い緑内障診断をすることができます。

網膜光干渉断層計(シラスHD-OCT)

網膜光干渉断層計(シラスHD-OCT)

網膜光干渉断層計(シラスHD-OCT)は網膜の断層画像を撮影する検査機器です。
網膜の浮腫(むくみの程度)や出血の範囲・深さなどを調べることができ、より正確な病気の診断および今後の治療方針や治療効果の判定をすることができます。
また網膜疾患だけでなく、緑内障や視神経疾患の診断にも用いられます。

当院の手術室のご紹介

手術室

当院では最新の手術機器を導入しております。
手術室は高性能なHEPAフィルターという換気システムで、埃や塵を除去し「クラス10000」の清浄度を保っています。大学病院等と同等の清浄度で、感染予防を行っています。

コンパクトintuitivシステム

コンパクトintuitivシステム

コンパクトintuitivシステムは2016年に日本で発売が開始されたばかりの新型の眼科白内障手術用装置です。コンピュータ制御により白内障手術中のサージ(前房圧の急激な減少)が起こらず安定して白内障手術を行うことができます。

眼科手術用顕微鏡

眼科手術用顕微鏡

ライカ社製の高性能眼科手術用顕微鏡で微細な部分も明瞭に観察することができます。ライカ光学系は極めて光透過率が高く、優れたコントラスト・色彩が得られるため手術を迅速かつ正確にそしてより安全に行うことができます。